CBDとは何か?『0から10』までわかる記事はこちら

【計2店】神奈川県にあるCBD専門店まとめ!おすすめの店舗はどこ?

昨今CBD熱が高まり様々なサイトやネットショップで多くのCBD製品を簡単に手に取ることができるようになってきました。

そんな中実際に商品を手に取ろうとしたはいいものの、どの製品から始めたらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

ネットショップでいろいろな商品を見るけど多すぎてどれが自分に合うかわかりません…

そんなCBD初心者にはオススメの方法があるよ!

店舗がオススメな3つの理由
  • 試飲をさせてくれる!
  • 知識豊富なスタッフさんが教えてくれる!(店舗にもよります)
  • 試せるので購入するときほとんどはずれがない!

以上の理由からCBD初心者には実際に専門店に足を運んでみることをおすすめしています。

というわけで今回は初心者から上級者まで楽しめる神奈川県内のCBD専門店2店舗を紹介していきます!

目次

神奈川県にあるCBDの取扱店舗一覧

G8DSTAND

G8DSTANDさんはスムージーとCBDを扱う店舗でビーガンやベジタリアンの方にも対応しています。

店内もセンスのあるインテリアが並んでるらしく待ち時間も苦にならにような空間と評判です。

もちろんCBD製品の数も多数あり女性の方に大人気だそうです。

G8DSTAND公式サイト

住所〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町124−5
営業時間10時00分~17時00分
定休日火曜日
TEL0453196988
アクセス石川町駅から徒歩9分

Rock Line CBD SURF サーフショップ

Rock Line CBD SURF サーフショップさんはサーフィンとCBDの専門というとてもユニークなコンセプトのお店です。

専門店というだけあってかなりの数の製品が置かれています。

海も近いのでドライブついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

Rock Line CBD SURF サーフショップ公式サイト

住所〒255-0003 神奈川県中郡大磯町大磯412
営業時間12時00分~19時00分
定休日なし
TEL08064871497
アクセス大磯駅から徒歩8分

CBDの店舗に関するよくある質問

ここからはCBDの店舗について非常に多い質問をお答えしていきます!

Q1 CBDを専門的に取り扱うお店の雰囲気は怖いの?

結論から言うと店舗次第というのが正直なところです。

ただ、9:1くらいの割合でお店が怖いという雰囲気はありません。リラックスできたりおしゃれで雰囲気もよく女性の方や初心者の方でも気軽に入れるようなお店ばかりです。

CBDの原料が大麻草だという理由だけで怖いものという印象であったりアンダーグランドな印象を持たれる方も少なくないと思います。

ですが、昨今のCBDの普及とともにその印象も改められており、CBDは健康的という考え方やリラクゼーションアイテムの1つという認識が広がっているんです。

様々な店舗のレビューを見ると

  • おしゃれ!
  • 店員さんも親切でとても接しやすかったです!
  • ゆったりとリラックスできる!

というお声が多い印象です。

僕個人の感想としてはCBDショップで働かれてるスタッフの方々は皆さん本当にCBDが大好きな方たちなので、CBDは怖いものという印象を少しでも与えないように本当に隅々まで気を使って下さるので、スタッフさんの対応は他の接客業の方と比べてもかなり高水準だと思います。

とは言え最初もお伝えしたように店舗次第というところもあるので、足を運ぶ際はGoogleでの口コミなども見てお店を選ぶとより楽しく効果的なCBD選びができると思います!

Q2 予算はだいたいどれくらい必要?

結論からお伝えすると予算に関してはどの製品を選ぶかによっても金額が全く異なります。

というわけで価格帯は以下の表を参考にしてください!

予算の表

わからない方もいらっしゃると思うので表の製品がどのような製品かというのを簡単に紹介します。

CBD製品の用途
  • VAPEの本体
    リキッドやカートリッジをもとに煙を生み出す電子式のタバコです。
    手入れは必要ですが1度購入してしまえばリキッドなどのもとだけ買えばいいので高頻度で使いたい方はお得に使えます!
    リキッド式やカートリッジ式などのタイプがあるので確認して購入されてください。
  • リキッド
    VAPEを使用するための元です。
    様々なフレーバーがあるので幅広く楽しむことができます。
  • ワックス
    ワックスは主に「塗る」「吸引」「そのままで舐める」という3つ使い方があります。
    効果を一番期待できるのは吸引といわれています!
  • VAPEpen
    使い捨てのVAPEです。
    VAPE本体より安いですが高頻度で使用する方は割高になるので、お試し感覚で使うのがいいと思います。
  • オイル
    オイルには塗るタイプ、直接舌下に垂らすもの、コーヒーなどに混ぜて飲む用のものなどがあります。
  • CBDクリーム
    用途としては市販のベビークリームなどと同じで肌に塗るものです。
  • グミ
    グミはそのままグミです!
  • フェイスマスク
    フェイスマスクも市販のものと同じ用途です。

Q3 CBDの選び方は?

ではCBD製品の選び方についてお伝えしていきます。
CBD製品の選び方には手順が2つあるので順を追ってお伝えしていきます。

手順①は下の表を参考にどのスタイルの製品にするか選びましょう!

製品ごとの効果の違い

効果の時間吸収率ももちろん大事ですが、CBDは定期的に摂取することが大切なので手間という要素もかなり大切になってくると思います。

なのでご自身で「自分はめんどくさがり。」と思う方は手間の少ない経口摂取(グミ)などから取り入れてみるといいと思います。

ご自身の目的に応じて選んでみてください!

手順②は以下の表を参考にしながらお伝えしていきます!

オイルのCBD濃度の違い

どの製品を選ぶかを決めた後はその製品の中でもより質よし、コスト良しの商品を選びたいですよね!

そのためにCBDの濃度というのを意識する必要があります。
なぜ濃度を意識する必要があるのかオイルを例にお伝えします。

  • オイル①とオイル③を比べてみてみましょう!
  • オイル③の方が1mlあたりの金額が圧倒的に安いですね!

オイル①とオイル③を比べてみるとオイル③の方が1mlあたりの金額が圧倒的にお得ですね!

確かに量と金額だけ見るとそう見えるね!
ただ濃度を比べてみるとどうかな?

上の会話からもわかるように製品に応じて値段だけではなく効果という観点からも見た商品選びが必要になってくるということです。

とはいえやはり初心者の方には難しいと思うので店舗に足を運んでスタッフの方に商品選びを手伝ってもらうのが一番安全だと思います!

神奈川にあるCBDの取扱店舗まとめ

  • G8DSTAND
  • Rock Line CBD SURF サーフショップ
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる