CBDとは何か?『0から10』までわかる記事はこちら

【iPrefer1 CBDペン】今話題のCBDペンについてレビュー!使ってみて感じた4つのメリットと2つのデメリットとは?

昨今CBDの人気とともに、CBD製品も多種多様になり目にする機会も増えてきましたよね。
そんなCBD製品の中でも、親しみやすい製品の1つがCBDペンです。
CBDペンは使い方も簡単・リーズナブル・比較的効果も感じやすいという点でCBD初心者の方や「もともとCBDに興味はあったけど、どれがいいかわからない…」という方にも非常におすすめの製品です。

そんなCBDペンですが今回はCBDペンを実際に使ってみた感想、そしてCBDペンとはどういうものなのか紹介していきたいと思います。

今回紹介する商品はCBDペンの中でも『iPrefer1 CBDペン』というものを紹介していきたいと思います。
iPrefer1 CBDペンが気になっている方、CBDペン自体に興味のある方はぜひ参考にしてみてください!

この記事のポイント
  • CBDペンとは?
  • CBDペンの使い方は?
  • iPrefer1 CBDペンを実際に使った感想
  • CBDペンのメリット・デメリット
目次

iPrefer1 CBDペンとは?

CBDペン

まずはCBDペンを知らない方のためにも、そもそもCBDとはなんなのか?ということについてお話していきたいと思います。

そもそもCBDペンとは?

CBDペンとはCBD成分が含まれる蒸気を吸引して製品ごとのフレーバーを楽しみながらCBDを気軽に摂取できるというCBD製品の1つです。
簡単にいうと、CBDが入った電子タバコというのが最もイメージしやすいかと思います。
ただ形が似ているというだけで電子タバコではないので、ニコチン・タールは入ってないものがほとんどで、つまり健康面でも特に気にする必要もなく、むしろCBDの効果もあるため、健康的にも美容的にも体にはいいものだと言えます!

CBDの効果について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

似たようなものにリキッドタイプやカートリッジタイプというものがありますが、CBDペンは別途で専用のリキッドを購入したり、本体の充電もする必要がないので非常に簡単に使用することができるのでそこもまた魅力の1つです。

使用方法

では次にiPrefer1 CBDペンの使い方は以下の通りです。

  1. ケースから取り出す
  2. キャップ外す
  3. 向きに注意して吸う
  4. 吸うと青いランプがつく
CBDペンの使用方法

最後にCBDの効果をより発揮するための吸い方についてまとめておきます。

CBDの効果を最大化する吸い方
  • できるだけゆっくり吸う
  • 肺で3秒ほど蒸気を留める
  • できるだけゆっくりと吐く

使用期間は?

iPrefer1 CBDペンは使い捨ての製品で詰め替えなどはなく使用回数があるため、使用期間はその使用回数を使いきるまでとなります。

ではiPrefer1 CBDペンはどのくらい使用できるのか?
それは約240回の吸引といいわれています。
個人差もありますが多くても4~5吸引で効果は出るといわれていますので、1日に1回の使用と考えた場合で毎日使えば1ヶ月半くらいは使用できる計算になります。

おすすめの使い方としてはただ嗜好品として使うには少しもったいないと思うので、CBDの効能が欲しいタイミングでご自身に合う回数で吸引してみてください!

危険性は?

結論からお話すると危険性はほとんどありません。

CBDというと多くの方がイメージされるのが、大麻やマリファナを連想すると思いますがCBDは似て非なるものです。
CBDは日本の現行法ではもちろん合法ですし、WHOの見解では大麻やマリファナのように依存性や耐性を示す作用はないと報告されています。

以下の記事でCBDと大麻やマリファナの明確な違いや、CBDの副作用について解説しているので詳しく知りたい方は、こちらの記事を参照ください。

というわけで、現状製品によっての使用量を守りさえすれば特に危険性はありませんので、使用量を確認の上ご利用ください。

注意点

CBDペンを使う上での注意点は2つあります。

1つ目は使用量です。
CBDは二相性という性質があり、使用量に応じて効果が全く異なります。
具体的には低~中用量だと覚醒作用(眠気覚まし、集中力UP、脳の活性化etc…)大用量だとリラックス作用(誘眠作用、ストレス軽減etc…)があるといわれおり、例えば寝る前にリラックス効果を得るためにCBDペンを使用したとしても、使用量を間違えるとかえって目が冴えてしまうという場合があります。
もちろん逆の現象も考えられますので、十分注意して使用しましょう。

2つ目がタイミングです。
摂取するタイミングとして絶対に避けて欲しいタイミングは運転中や運転前です。
その理由としては人によってCBDのリラックス作用の影響を強く受けすぎる方もいるので、大きな事故につながりかねません。
そのため運転中や運転前は絶対に避けましょう!
補足ですがCBDペンだと運転前というのはおおよそ2~3時間です。
というのもCBDペンは吸入摂取といい効果が出るのが早く持続時間が2~3時間ほどであるからです。
以下が摂取方法別の効果が出るまでとその持続時間の一覧になりますので、他の製品でCBDを摂取する前にも気を付けましょう!

摂取方法一覧

iPrefer1 CBDペンを実際に使った感想

iPrefer1 CBDペン

iPrefer1 CBDペンを実際に使ってみた感想をお伝えしてきたと思います。

どのような効果があるのか?

結論からお話すると僕自身はリラックス効果を非常に感じることができました。
元々寝つきがそこまでいいタイプではなかったのですが、寝る前にiPrefer1 CBDペンを摂取することでかなり睡眠の質は向上しました。
ですが覚醒作用に関しては、そこまで強く感じることはできませんでした。
体質によっても効果に差があるそうなので実際に使ってみないとわからない所ではありますよね。

人によって効果を感じられない、効果が薄いという方もいらっしゃると思うのでそんな方はこちらの記事を参照ください。

おすすめのフレーバーを紹介!

iPrefer1 CBDペンは全部で5つフレーバーあり、LUSH ICE、MANGO ICE、GRAPE、PINK LEMONEDE、ORIGINALの5種類あります。

LUSH ICE

個人的には1番オススメなフレーバーです。
味はスイカの風味で甘味が強く初心者の方でも非常に吸いやすくなっています。

MANGO ICE
文字通りマンゴー風味でメンソールを感じるフレーバーになります。
マンゴーの風味とともにメンソールの風味もあるので好き嫌いが分かれるフレーバーだと思います!

GRAPE
グレープ風味でこちらはメンソールは入っていないので外さないフレーバーだと思います。
風味はしっかりグレープを感じることができ甘めのフレーバーです。

PINK LEMONEDE
レモネードとあるので柑橘系の酸味とマイルドな味わいを楽しめます。
ほんのり甘味もありますが上3つのフレーバーと比べ甘さ控えめなので、甘さ控えめが好みの方にはおすすめです。

ORIGINAL
天然の麻の香りをそのまま表現しているフレーバーでタバコを吸っている方たちに非常に人気の製品です。
上の4つは今までどこかで感じたことのある味ですが、麻のフレーバーということで初めての体験でした。
挑戦してみる価値は十分にあると思います!

5つとも各々個性的な味わいで、思わず沢山吸ってしまうくらい吸いやすい製品でした。
店舗に足を運べばほとんどのところがテストさせてくれるので、店舗に出向いてご自身に合うフレーバーを選ぶのがいいかもしれませんね!

iPrefer1 CBDペンはこんな人におすすめ!

iPrefer1 CBDペンはこんな方々におすすめです。

iPrefer1 CBDペンがおすすめな人
  • CBD製品を初めて使う方
  • CBDの効果が気になる方
  • リキッドやカードリッジタイプを買う前に試したい方
  • 甘めなフレーバーが好みの方
  • 手入れ不要の使い捨てタイプが好みの方

CBDを初めて使われる方や、現在他の製品を使ってる方でも以上の項目に1つでも当てはまっていつものがあればiPrefer1 CBDペンを試してみる価値ありだと思います。

iPrefer1 CBDペンを使用する4つのメリット

メリット

次にiPrefer1 CBDペンのメリットについてお話していきたいと思います。
メリットは大きく分けて4つほどありますので1つずつ解説していきます!

使い方が簡単

iPrefer1 CBDペンの魅力の1つとしてとにかく使い方が簡単なんです。
手順は使用方法でもお話した通り箱から取り出して吸うだけなんですが、ほかにも簡単な点がいくつかあります。

  • 使い捨てなので手入れ不要
  • リキッドの補充が不要
  • 充電不要
  • 使う前の諸々の準備不要etc…

以上の点からめんどくさがりな方や、初めてで複雑な操作はしたくない方などには非常にうれしいメリットではないでしょうか?

僕個人的にも今回は純粋にCBDの効果だけを試してみたかったので、操作が簡単で非常によかったです!

CBDの効果を試すにはもってこい

CBDペンが摂取方法でいと吸入摂取という分類に入るのですが、この吸入摂取がCBDの効果を感じるには非常におすすめです。

その理由として効果が出るまでの時間、効果持続時間、吸収率(バイオアベイラビリティ)の3つの観点から他の吸入方法と比べ総合的に効果を感じやすいといえるからです。

摂取方法一覧

別日にオイルで舌下投与も試してみましたがやはりCBDペンの方がより効果を感じることができました!

フレーバーがおいしい

おすすめのフレーバーを紹介!でも紹介しましたが、フレーバーも5種類と豊富で幅広く楽しむことができます。
ほとんどの店舗は各5種類を試しに吸わせてもらえますので足を運んでも見てはどうでしょうか!

一押しはLUSH ICE(スイカ風味)です!

iPrefer1 CBDペンを使用する2つのデメリット

デメリット

これまでiPrefer1 CBDペンのいいとこばかり紹介してきましたが、当然デメリットもあります。
というわけでここではiPrefer1 CBDペンのデメリットについてお話していきたいと思います。

値段が高い

iPrefer1 CBDペンは2つの観点から値段が高いといえます。

1つ目が通常のベイプペンと比較した場合です。
iPrefer1 CBDペンは普通のベイプペンと比べると、やはりCBDが入っている分値段はかなり高めになります。
なのでただの嗜好品として使うにはかなり贅沢なので、あくまでCBDの効果を期待して、吸入するというのがおすすめです。

2つ目がこれから長期的にCBDを摂取していこうと思っている方の場合です。
長期的にみるとベイプのリキッドタイプやカートリッジタイプの方が安くなってきます。
リキッドタイプやカートリッジタイプは本体の手入れが手間になりますが、その分リキッドだけ購入すれば何度も使えるので、使い捨てタイプのiPrefer1 CBDペンよりも長期的にみると安くなるといえます。

なのでCBDの効果を実験的に試してみたい方や、手入れや充電の手間がめんどくさいと感じる方以外はリキッドタイプやカートリッジタイプの方がおすすめです!

使い捨てタイプ

iPrefer1 CBDペンは1度使えばリキッドを補充できないので、当たり前ですが使い捨てになります。
上記の値段が高いというデメリットでもお話しましたが、長期的にみると使い捨てがゆえに高くついてしまうので使い捨てであることもデメリットの1つといえます。

なので上記でもお伝えしましたがCBDの効果を実験的に試してみたい方や、手入れや充電の手間がめんどくさいと感じる方以外はリキッドタイプやカートリッジタイプの方がおすすめです!

iPrefer1 CBDペンについてよくある質問

よくある質問

ここまででiPrefer1 CBDペンについてよく理解できたことだと思います。
ですがほかにもiPrefer1 CBDペンについてよくある質問がいくつかありますので、ここではいくつか質問にお答えしていきたいと思います!

1.iPrefer1 CBDペンはどこで買える?

結論からお話するとCBDの各取扱店舗、またはネットショップでの購入が可能です。
ネットショップでの購入はこちらから!

CBDの専門店であればほとんどのお店が扱っていると思います。
ただ時期やタイミングによって在庫がなかったりする場合もありますのでお近くの店舗にあらかじめ確認してみるといいかもしれません。

お近くの店舗はこれらの記事からお探しください!

個人的にはテストもできるので直接店舗に行くのがおすすめです!

2.副作用はあるのか?

副作用は商品説明の手順に沿って使用すればほとんどの場合ありません。
ただ体質やコンディションによって副作用が出る場合がありますのCBDと副作用の関係についてある程度理解しておいて損はないかと思います。
CBDの副作用について詳しく知りたい方はこちらの記事を参照ください。

iPrefer1 CBDペンについてまとめ

iPrefer1 CBDペン

今回はiPrefer1 CBDペンについてお話してきましたがまとめると以下のようになります。

この記事のまとめ
  • iPrefer1 CBDペンは使い方がとにかく簡単である
  • CBDの効果を試したい方、手入れする手間がめんどくさい方におすすめ
  • CBDの効果を体感するには非常におすすめ
  • CBDを長期的に使っていきたい場合はリキッド、カートリッジタイプの方がおすすめ
  • 嗜好品というよりはあくまでCBDを摂取するためのもの

この記事を通してiPrefer1 CBDペンはもちろん、CBDという成分、CBDペンというものに少しでも興味をもっていただき、そして手に取っていただき皆さんの生活がより良いものになれば幸いです。

以上「【iPrefer1 CBDペン】今話題のCBDペンについてレビュー!使ってみて感じた4つのメリットと2つのデメリットとは?」でした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる