CBDとは何か?『0から10』までわかる記事はこちら

実際大丈夫?CBDの安全性について詳しく解説

最近日本でもじわじわと耳にする巷で噂のCBD

アメリカでブームになっていると聞きながらも、実際はどんなものなのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

あまり聞きなじみのないものだと一番初めに気になるのが安全性ですよね。

また、CBDと一緒に『大麻』という言葉も一緒に耳にする方も多いと思います。

どんなものでも安全なものかが分からないと手に取りにくいですし、『大麻』という言葉を聞くと「薬物なのかな…」と心配される方も多いでしょう。

今回はそんなCBDは安全なのかどうか、また副作用などはあるのかどうかについて詳しくご紹介していきます。

CBDを購入するか迷っている人は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

まずCBDって何?麻薬じゃないの?

手に取った大麻草

CBDやらCBDオイルやらいろいろ聞くけど、結局何?大麻と何が違うの?

CBD(カンナビジオール)は大麻草やヘンプなどに含まれる大麻成分 (カンナビノイド) のことであり、自然療法として利用されている成分です。

大麻草とヘンプは同じ麻科の「カンナビス・サティバ」という植物ですが、CBDと同じ大麻成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)という劇的な精神活性作用が0.3%以上含まれている品種を大麻草、それ以下の品種をヘンプと呼びます。

大麻草やヘンプにはもともとTHCとCBDの両方が含まれており、勘違いしやすいですが、

私たちが麻薬として認識しているのはTHCが0.3%以上含まれた大麻草のことであり、

CBDとはまた別の階層のものとなります。

ここで気になるのがTHCとCBDは何が違うのかというところでしょう。

THCとCBDは同じ植物に含まれている成分ですが、それぞれ効能が違います。

THCは精神活性作用があり、いわゆる『ハイになる』効果があると言われています。

大麻を摂取すると『ハイになる』のはこのTHCが関係していると言われているため、日本ではこの成分は違法とされています。

逆にCBDは精神活性作用が無く、ストレスを軽減したり、痛みを軽減する効果があるというデータもあることから、一部の地域の医療機関でも使用されています。

また、CBDはTHCと違い、ハイになることは無いので日本でも合法な成分として扱われています

一般的にCBDは大麻草やヘンプから抽出され、オイルやグミなどのCBD製品として扱われているんです。

CBDとTHCは同じ植物から抽出できる成分なのにこんなに違いがあるんです!


心身ともに良い効果をもたらした研究結果が多いことから、医療大麻として使用している国や地域もあります。

ここまででCBDがどういう成分かということが伝わったでしょうか?

ただ、ここまでだけではまだ安全性が伝わりきれていないと思うので、より詳しく解説していきます。

結局のところCBDって健康面で安全なの?

疑問に思う女性

THCと違って精神活性作用が無いし、医療機関でも使われていることが分かったけど結局安全なの?

あなたもそう思っているのではないでしょうか?

実はあのWHO (世界保健機構) によって、CBDが病気やケガなどのへの効果が検証・確認されており、乱用の可能性や、個人で使用するにあたって危険性が確認されていないと報告されているんです。

あの国際機関がこういった発表をしているとCBDの安全性が伝わりますよね。

ただ、確認されていないだけであって必ず危険なことは起こらないという保証はないので、使用の際にはきちんと使用量や用途を守って摂取されることをオススメします。

CBDの危険性について気になる方はこちらの記事も参照してみてくださいね。

摂取した際の副作用は大丈夫?

手のひらにある薬

WHOが安全性を謳っていたことは分かったけど、副作用とかあるんじゃないか…と思っている人も少なくないはず。

CBDには、目立った副作用が無いと言われており、ほとんどのCBDオイルユーザーが副作用を経験していないとも言われています。

依存性や体に害をもたらす副作用は無いと言われていますが、過剰摂取をしたり空腹時に摂取すると、

めまいや眠気、肝臓の機能が悪化したなどの報告もごくたまにあるようです。

体に良いと分かっていても過剰摂取はリスキーなので、きちんと使用量を守ることが大切です。

副作用についてこちらの記事で詳しく説明しています。

安全だと言われていてもCBDの過剰摂取には注意

くすりに

ここまで、CBDの安全性や副作用について紹介してきましたが、

上記でもお伝えした通り過剰摂取についてもう一度詳しく説明していきます。

CBDには、

  • 不安・心配
  • ストレス
  • 不眠(睡眠障害)
  • 慢性痛の解消
  • うつ病防止
  • アンチエイジング

などの多くの症状や私たちの体に効果があるというデータが存在しますが、

早く健康効果や美容効果を得たいという一心で過剰に摂取した場合によるリスクはあるのでしょうか?

基本的に天然成分であるCBDには副作用がなく、過剰に摂取したことによって被害が出たという報告はめったに無いそうですが、もちろんリスクは考えなければいけません。

パッケージに記載されている通り使用していれば滅多に過剰摂取してしまうことはまず無いですが、

やはりCBDの効果の実感には、かなり個人差が現れるとも言われています。

そのため、人によっては効果を実感するために過剰摂取をしてしまうことがあるそうです。

CBDに関するデータによると人は1日最大1,500㎎までであれば摂取しても問題が無いとされていますが、やはり過剰摂取をすることによる副作用や、他の薬を摂取することによる相互作用が現れる可能性もあります。

過剰摂取によるリスクを回避するためにも、最初は使用量を守り、徐々に自分の体に合った摂取量を摂るようにしましょう。

CBDの安全性についてよくある質問

CBDはまだまだ日本での認識が浅いからこそ、生まれる誤解もあります。

今回はそんなCBDの安全性についてよくある質問をまとめてみました。

Q.CBDは違法なの?使って大丈夫?

CBDって大麻草から摂れるなら違法なんじゃないの?

CBDは大麻草やヘンプからとれますが、違法ではない大麻成分です。

CBDは基本的に違法な成分ではなく、食品やクリームなどのCBD製品に加工される天然成分です。

人間の体に様々な良い効果を与えるため、医療機関で治療の一環としても利用されます。

ただ、CBDと同じ大麻成分であるTHCは精神活性作用があるため日本では違法とされています。

どちらも同じ植物から採れますが、法律上では全く別なので注意してください

Q. CBDは中毒性があるってホント?

CBDは中毒性や依存性があるのってほんと?

CBDは中毒性や依存性はありません。

どうしても大麻のイメージがあると『依存』『中毒』という言葉が引っかかってしまいますよね。

ですが、CBDには依存性はありません
逆にCBDは中毒や依存を改善させる可能性があると言われており、CBDの様々な脳内の神経伝達物質受容体に働きかける機能が、薬物やアルコールの依存に効果がある可能性があると言われています。

“依存”と聞くと怖いイメージがどうしてもあるけど、CBDにはそれが無いことも安心して使える一つのポイントですよね。

さいごに

今回はCBDの安全性について説明しましたが、あなたのCBDへの疑問は変化したでしょうか?

まだまだ大麻と混合されがちなCBDですが、ふたを開けてみるとCBDは私たちの健康や生活に大きなメリットをもたらします。

日本でも少しづつCBDが広まりつつあり、安全性についての認識も広がっていくでしょう。

この記事を読んで安心してCBD製品を使って頂けると嬉しいです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる