CBDとは何か?『0から10』までわかる記事はこちら

【やばい?】今話題のCBDの危険性ってどうなのか?CBDの危険性について徹底解説‼

最近芸能人ではローラさんや紗栄子さん、スポーツ選手だと武尊選手など数多くの著名人も愛用しており増々認知度が広まってきているCBD。

ですがその広まりとは裏腹に、

  • 『やっぱりCBDは危険なんじゃないのか?』
  • 『やっぱりCBDというと大麻やマリファナを連想してしまう…』
  • 『合法なのかも知れないけど副作用とかが危険そう…』

一定数こののような考えを持たれている方もいらっしゃると思います。

結論として、CBDの危険性は極めて低いといえます。
しかし、ただ低いといってもにわかに信じがたいと思いますので、今回はわかりやすく理論的に「なぜCBDは危険性が低いとい言えるのか」解説していきましょう!

この記事のポイント
  • CBDがなぜ危険性が低いといわれているのか?
  • マリファナ、大麻との具体的な違いは?
  • 危険性を下げるためのCBD利用時の注意点
  • CBDに副作用はないのか?
目次

結論:CBDの危険性は極めて低い!

CBD

CBDの認知は広がりつつありますが、まだまだCBDを正しく理解している方の方が少ないという印象です。
誤解や勘違いで間違った認識をされているのは、おそらくCBDというと大麻やマリファナといった違法薬物を連想させてしまうからではないでしょうか?

というわけでここではCBDの危険性が低いということを解説しつつ、皆さんがイメージされてる大麻やマリファナといった違法薬物とCBDの明確な違いを明らかにしていきたいと思います。

危険性が低いといえる根拠とは?

危険性と一言でいっても少し抽象的になのですが、皆さんがよくイメージされる危険性というのは、以下のようなものが挙げられるのではないでしょうか?

CBDについてよくある勘違い
  • 大麻みたいにハイになるのではないか?
  • 依存性があるのではないか?
  • その他副作用もやばいのではないか?

CBDのよくある勘違いで上記のようなことが挙げられると思うんですが、結論から言うとどれも全くの誤解なんです。
なぜこのような誤解が生まれたのかも含めて1つずつ解説していきます。

大麻みたいにハイになるのではないか?

CBDの全てというCBDに関する有名な著書でも以下のように明言してありますが、CBDを摂取することでハイになることはありません。

CBDによる恩恵として人々が一番多く挙げるのが、CBDを摂取してもハイにならない、という点です。

CBDの全て

CBDは大麻草や麻から抽出される成分の1つであることは間違いないのですが、大麻やマリファナを吸うとハイになるというのは全く別の成分の効能なんです。
その成分というのがTHCというもので、皆さんがよくイメージする『ハイになるという状態』を作りだすのがこのTHCといわれています。
ただ日本の現行法ではTHCが少しでも入っている成分は違法で、CBD製品を輸入する際は非常に厳しい検査を通るため、市場に流れることはまずないです。

つまり日本で手に取れる正規輸入のCBD製品でハイになるという事はないのです。

依存性があるのではないか?

カンナビジオール(CBD)事前審査報告書というWHO(世界保健機構)とECDD(薬物に関する専門員会)による報告書で以下のようなことが報告がされました。

CBD の潜在的な身体依存効果(例えば、離脱症状や耐性)に関するコントロールされたヒト研究では、報告されていない。

カンナビジオール(CBD)事前審査報告書

他にも動物実験でも同じような報告がされており、世界的に権威のあるWHOとECDDの報告書でも「一般的に良好な忍容性(許容性)がある」という風に言われていますので、現時点でCBDに依存性がないことは間違いないことでしょう。

その他副作用もやばいのではないか?

CBDは副作用もほとんど見られないと言われており、普段皆さんが処方されている一般的な薬(睡眠薬、痛み止めetc)に見られような※耐性などもないといわれています。
特定の薬剤を反復して使用することによって、その薬剤の効果が減弱すること。

ただ体質やその時のコンディションによっては以下のような症状が見らえる場合もあるといわれています。

  • 下痢
  • 食欲と体重の変化
  • 倦怠感

とはいえ製品ごとの摂取容量などを守ればほとんどの場合は起り得ないので副作用の面でも、危険というほどの問題点はないと言えるでしょう!

CBDに危険性があると勘違いされる理由とは?

CBDに危険性があると勘違いされているのはほとんどのが場合がCBDとTHCの区別がついていないからという理由だと思います。

CBD、THCともに大麻、麻から抽出できる成分であることは間違いないのですが、効果や日本の法的扱いにおいても全く別のものです。
危険性が低いといえる根拠とは?でもお話しましたが、世間でよくイメージされる「ハイになる」といった効果はTHCの効果で、THCは日本の現行法では禁止されています。

CBDやTHCについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参照してください。

つまり、CBDに皆さんが思うような危険性は全くありません。

CBDの危険性をより下げるための4つの注意点!

CBDによる危険性

これまでの解説でCBDの危険性が極めて低いことはわかっていただけたと思いますが、CBDの危険性0%ではないというのもまた事実です。

CBDをより安心・安全に使っていただくためにも、CBDのネガティブな側面も把握した上で使っていただくのが最善だと思いますのでここではCBDを利用するうえで注意していただきたい点を3つほどご紹介していきます。

1.正規輸入のショップからのみ購入する

まず1つ目の注意点は、正規輸入のショップからのみ購入するということです。

『個人』『プラットフォームを介した個人(メルカリやヤフーオークション)』などから購入するのは避けましょう。
製品面などでの問題が生じた場合も、保護される可能性が低く非常にリスクがあります。

  • CBD専門のショップやしっかりとした公式サイト
  • 信頼できるブランドや、その販売代理店
  • 販売実績や口コミが豊富
  • COAがしっかりとサイトに掲載されている

上記の様なポイントを踏まえて、信頼できる正規店から購入することを強くオススメします。

洋服や家電などを、2次流通のプラットフォーム(メルカリやヤフーオークション)から購入するのは構いませんが、成分によっては法律を違反してしまう危険性があるCBDオイルだからこそ、個人から購入をするというリスクが大きな選択はやめておいた方が賢明と言えます。

2.成分分析表(COA)を自分でも確認する

2つ目の注意点は、COAを自分自身で確認することです。

上項でも説明しておりますが、CBDを正規式に輸入する場合は、COAと呼ばれる成分分析表の提出が必須になります。

つまり、基本的にはそのCBD製品を販売している会社のHPで、このCOAは確認することができます。
(掲載していない場合でも、提出はできるはずなので問い合わせてみることを推奨いたします)

CBDオイルを購入する際に、このCOAを確認して、THCが含まれていないかをしっかりと確認しましょう。

日本で販売されている商品にTHCは含まれていませんが、海外での購入は要注意です。
日頃からCOAを確認する癖をつけておくのが吉と言えます。

3.海外からの個人輸入は避け、日本で販売されているCBDオイルを選ぶ

3つ目の注意点は個人輸入は避けて、国内販売されているCBDオイルを選ぶということです。

日本と海外ではCBDやTHCに対する規制が異なるので、正式な輸入プロセスを踏まない状態で個人輸入するのは危険です。

CBD事業者が海外工場やとやり取りするとき、『日本の法律(THC含有はNGで、茎と種からのみ抽出して欲しい)を説明して理解してもらうのが大変…』というほど、海外では日本の、THCが禁止していたり、部位規制があるという法律があまり認識されていません。

ですので、いざ輸入してみたらTHCが入っていたなんてことは起こり得るのです。

4.薬物間相互作用はないか?

4つ目の注意点は薬物間相互作用はないかの確認です。
薬物相互作用というのは同時に複数の薬物を併用した際に互いに効能を打ち消しあったり、副作用を強めたり最悪の場合命にかかわるような有害な作用が起こること作用のことも指します。

他の薬と併用してCBDを摂取する場合はかかりつけの医師に必ず相談しましょう。
以下がCBDと薬物相互作用が起こる可能性がある薬品です!

  • ステロイド
  • カルシウムチャネル遮断薬
  • 抗ヒスタミン薬
  • 抗HIV薬
  • 免疫抑制剤
  • 抗不整脈薬
  • 抗生物質
  • 麻酔薬
  • 抗精神病薬
  • 抗うつ薬
  • 抗てんかん薬
  • βブロッカー
  • その他

上記に当てはまらないモノでも可能性としては十分にあり得るので気をつけてください!

薬物間相互作用って怖いね。
もっと簡単にわかる方法とかないのかな?

見分ける簡単な方法として、グレープフルーツを食べてはだめといわれる薬品は要注意といわれているね!

CBDの危険性についてよくある質問

よくある質問

ここではCBDの危険性についてよくある質問にお答えしていきたいと思います。

CBDリキッドに危険性はないのか?

CBDリキッドだからといってCBDの効能などに変化はないので危険性はないと言えます。
ただ、CBDの危険性をより下げるための4つの注意点!でお話ししたように正規の輸入ルートではなかったりすると、日本では違法の製品である場合もあるのでよく確認してお使いください。

CBDオイルの危険性はないのか?

CBDオイルもリキッド同様 CBDの効能などに変化はないので危険性はないと言えます。
ただオイルも正規の輸入ルートを踏んでない場合があると、日本では違法の製品である場合もあるのでよく確認してお使いください。

CBDの副作用は?

結論からお話するとほとんどの場合は副作用は起こらないといわれています。
ただ体質的に合わないだったり、その日のコンディションによって合わないという場合は以下の症状が出る可能性があります。

  • 下痢
  • 食欲と体重の変化
  • 倦怠感

多くの人の場合製品ごとの摂取容量であったり、CBDの危険性をより下げるための4つの注意点!でもお話したような点にだけ注意すれば問題ないと思います。

CBDの危険性についてまとめ

CBDの危険性

今回はCBDの危険性についてお話してきましたがまとめると以下のようになります。

この記事のまとめ
  • CBDの危険性は極めて低い。
  • 多幸感(ハイになる)を与える成分はTHCである。
  • 日本ではTHCは基本的に出回らない。
  • 正規輸入のショップでの購入が間違いない。
  • 4つの注意点だけ注意すればほとんどの場合問題はない。

この記事を通して皆さんがよりCBDについてより正しい認識をしたうえで、より効果的にCBDをお使いいただくきっかけになれば幸いです。
CBDは正しい知識をもって利用方法さえ遵守すれば、皆さんにとって生活をより豊かにしてくれる素晴らしいアイテムになると思いますので、他の記事でもCBDについて理解を深めてみてはどうでしょうか?

以上「【やばい?】今話題のCBDの危険性ってどうなのか?CBDの危険性について徹底解説‼」でした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる