CBDとは何か?『0から10』までわかる記事はこちら

CBDが与える健康においての効果・効能とその摂取方法!

アメリカで今、話題沸騰中のCBD

日本でも少しづつCBDの魅力が広がりつつありますよね。

CBDを耳にして『なんかすごいらしいけど、詳しくは分からない…』という人も多いのではないでしょうか?

実際に、私もCBDについて知りたての時は
『どんな効果があるか分からないから手を出しづらいな』と思っていました!

今回は『実はこんな効果があったんだ…!!』となるCBDの健康に与えるメリットについてお話していきます!

目次

最初に知りたい!マリファナとCBDの違いって何?

まずは大前提として、マリファナCBDの違いについてご説明します。

ここが頭の中で一緒になってしまうと混乱してしまいますよね。

私も最初は2つの見分け方が分からず、『何が違うの!?』と
ネットや本で違いについて探し漁っていたことも…

実は二つとも関係しているのは大麻草で間違いないのですが、分類が違うのでそれをまずはじめにお話ししていきます。

マリファナは大麻草でできた薬物

マリファナは 「カンナビス・サティバ」というアサ科アサ属の植物の葉や花を乾燥させ、粉末にした麻薬のことを表します。
一般的に私たちがよく聞く大麻のことであり、マリワナと呼ばれる場合もあります。

また、一方でヘンプと呼ばれるものがあります。
マリファナとヘンプの違いで頭がややこしくなりますよね。

これらは、どちらも元は同じ『カンナビス・サティバ』というアサ科アサ属の植物からできており、


THC(テトラヒドロカンナビノール)という大麻成分(カンナビノイド)0.3%以下の品種をヘンプ

そしてTHCが0.3%以上含まれる品種を大麻草と呼びます。

つまりマリファナはTHCが0.3%以上含まれる大麻草ということです。

基本的にTHCはハイになる成分のため、日本では違法な成分とされています。

また、それに対してヘンプと呼ばれるものがあります。

これはTHCが0.3%しかなく、含有量が少ないため、大麻草よりもいろいろな製品に柔軟に使えると言われています。

一般的に、ヘンプから抽出されたCBDは、CBD製品はもちろん、布や食べもの、そして化粧品などにも使われます。

そう、ここで出てくるのがCBD。

次にCBDについて詳しくお話していきます。

つまりCBDは成分

それに対してCBD(カンナビジオール)は大麻草などに含まれる大麻成分 (カンナビノイド) のことです。

これはTHC同様に大麻草にもヘンプにも含まれています。

その大麻草やヘンプから抽出されたCBDがオイルやグミなどのCBD製品として扱われるのです。

CBDはTHCと違い、ハイになることはないので日本でも合法な成分として扱われています。

同じ植物から抽出できる成分なのにこんなに違いがあるんですね…!


心身ともに良い効果をもたらした研究結果が多いことから、医療大麻として使用している国や地域もあります。

つまり、

マリファナ THCを0.3%以上含んだ「カンナビス・サティバ」というアサ科アサ属の植物 つまり大麻草
CBD 大麻草やヘンプから摂れる成分(カンナビノイド)

こうやってみると、実は違う分類のものだということが伝わりましたか?

それではCBDの効果について詳しく見ていきましょう!

CBDが与える私たちの健康への効果・効能6選

1.リラックス効果

一つ目のCBDの効果はリラックス効果

どうしても大麻の印象が強いため、『ハイになってしまうのではないか…』と思ってしまいがちですが、実は逆なんです。

ハイになってしまうのは、先ほども述べた通りTCHによる作用。

CBDは摂取することによって精神を穏やかにするための物質の働きを脳内で高めてくれるのです。

これにはセロトニンが深く関わっており、CBDが精神伝達物質であるセロトニンの受容体である5‐H
1Aの働きを促してくれるため、精神をリラックスさせる効果があると言われています。

2. 不安や心配

二つ目は不安や心配に効果があると言われています。

不安症や心配性を抱えると、普段の生活や社会の中で生活するのはとても大変なことですよね。

これは上記のリラックス効果にもつながってきますが、CBDは不安や心配性にも大きな効果を期待することができます。

また、その症状が重い人であればあるほど、効果が期待できます

3. ストレス

三つ目は、ストレスです。

現代社会においてストレスは付き物ですよね。
仕事や学校、人間関係や子育て…ストレスはいつも身の回りに潜んでいます。

ストレスからくる様々な病気もあるぐらいですから、自分自身のストレスはできるだけ減らしたいですよね。

そんなストレスにもCBDの効果が期待できるでしょう。

CBDは体や心のあらゆる機能に影響するECS(エンドカンナビノイドシステム)の働きを促す働きがあります。

そんなECSは、体の中にある内因性カンナビノイドに深くかかわっていますが、内因性カンナビノイドの働きが乱れるとストレスが健康に影響を与えるとも言われています。

そのため、CBDを摂取すること(外因性カンナビノイド)によって外側から通常の働きを取り戻すように促すので、

結果的にストレスを軽減することができるのです。

4. 不眠(睡眠障害)

四つ目は不眠(睡眠障害)

CBDはストレスや不安だけでなく、不眠にも効果を期待できます。

これは上記の健康問題に深くかかわってきますが、

多くはストレスや不安、心配症で夜眠ることができないことが多いですよね。

不眠は健康や翌日のパフォーマンスに大きな問題をもたらすため、早く改善したい症状ですよね。

また、CBDにはレム睡眠を促進し、日中の過度な眠気を軽減する効果が期待できると言われているため、不眠症の治療にも使用されています。

5. 慢性痛の解消

五つ目は慢性痛の解消です。

これまではCBDの心の面に関わる効果や効能を説明してきましたが、もちろん体にも大きな効果が期待できるでしょう。

その中でも挙げられるのが、慢性痛の解消です。

CBDには関節痛や炎症、運動後による痛みを大幅に和らげ、解消する効果も報告されています。

実際、治療の際にも使用されているので、そのすごさが分かりますよね…!

6. 鬱病の防止

六つ目は鬱防止です。

CBDがもたらす健康効果はこのほかにもたくさんありますが、最後はCBDの鬱への効果を紹介します。

鬱病と聞くと、現代では誰でもなり得る精神病の一つですよね。

人間関係や、仕事上で疲れや不安、ストレスが溜まり鬱になってしまう…といったケースも珍しくありません。

これも上記のストレスの部分などに関連してきますが、CBDを摂取することによって気分の落ち込みや鬱病による症状を軽減する可能性があると言われています。

ただ、現在はその詳しい効果については研究段階ということですが、ポジティブな効果があるのには間違いなさそうです。

CBDの効果を実感しやすい主な摂取方法4選

では、CBDの効果を実感するにはどのような摂取方法が良いのでしょうか?

経口摂取、吸引、経皮吸収など様々な摂取方法がありますが、今回はその具体的な摂取方法を4つご紹介していきます!

あなたも自分が『実践できそう!』と思うものにトライしてみてくださいね。

主な摂取方法① オイル

CBDオイルと液体

一つ目の摂取方法はオイル

オイルはかなりメジャーな摂取方法で、そのまま飲んだり、舌の下から吸収させたりといろんな使い方ができるのが特徴。

それぞれの摂取の仕方によってCBDの効果の継続時間が変わります。

より効果を早く実感したい場合は舌の下でゆっくりと溶かしていく舌下摂取がおすすめ。

大体30分~1時間ほどで効果を実感することができます。

舌下摂取
  • 摂取方法:舌下で1分間キープ。口腔内の毛細血管から直接血流に取り込む
  • 効果が出るまで:30分~1時間
  • 効果の持続:2~4時間
経口摂取
  • 摂取方法:飲み込んで摂取する
  • 効果が出るまで:1時間ほど
  • 効果の持続:4~6時間。脂質の多い食事だとなお良い。
経皮吸収
  • 摂取方法:肌に直接塗る
  • 効果が出るまで:1~2時間
  • 効果の持続:4~6時間

もっと詳しいCBDオイルについての記事はこちら!

主な摂取方法② リキッド

ベープでCBDを摂取する様子

二つ目の効果的な摂取方法はリキッド

言葉だけ聞くと『どんな使い方…?』と分からない方も多いかもしれません。

私も最初、液体の何かかと思っていました(笑)

リキッドは簡単に説明すると、煙草のようにCBDをミスト状にして吸収するためのもの。

Vapeという吸引器にリキッドを使ってミスト状になったCBDを吸引します。

そのまま肺に取り込むので、ミストで摂取した方が、経口摂取よりも吸収率が1.5~4.0倍と言われいるので、効率よくCBDを摂取したい人向けでしょう。

また、様々なフレーバーもあるので、『オイルでそのまま飲もうとしたら味が…』という人にもリキッドを使用するのがおすすめです。

主な摂取方法③ グミなどの食べ物

CBDのグミ

三つ目はグミなどの食べ物から摂取する方法です。

食べ物の中に含まれているので、1番手軽に、そして抵抗感なく摂取できるのではないでしょうか?

1粒に10mgのCBDが含まれているグミや、ヴィーガン向けに作られた食品もあるので、

健康を意識しながら摂取できるのも魅力です。

主な摂取方法④ バーム

クリームを持つ女性

最後にご紹介する摂取方法はバームによる摂取です。

いわゆるクリームなどの塗るCBDのことですが、他の摂取方法とは違いそのまま肌に塗ることができるので、
以下の症状に効果があると言われています。

  • 肌荒れ
  • ニキビ
  • しわ
  • 湿疹
  • アトピー

私も軽いアトピー持ちで、ステロイドは使っているものの副作用が心配なんですよね。CBDが効果的であるのなら使ってみたい…!!

また、効果が出るまで15~30分とかなり早く、持続時間も2~4時間となっています。

普段のスキンケアに取り入れるなどして気軽に使える点も魅力的ですよね。

効果や摂取方法は分かったけど副作用は…?

ここまでCBDの効果や摂取方法をお伝えしてきましたが、やっぱり気になるのが副作用ですよね。

CBDを摂取することで依存性があったり、いわゆる「キマる」などがあったりするのか…

不安になってしまいますよね。

初めて使うとなると余計に怖い気持ちが募ってしまいますよね。
正しい情報を得ることで、その不安は解消されていきますよ!

ここからはCBDと健康に関するよくある質問をご紹介していきます。

Q CBDの副作用ってどんなものがあるの?

やっぱり、いざ使うってなると副作用が気になりますよね

やはりCBDを使う際にも気になる副作用。

実はCBDに関しては副作用はほとんどなく、マリファナなどを摂取したときのような精神作用はありません。

CBDの副作用ってどんなものがあるの?

CBDを摂取する上では副作用はほとんど無く、あってもほとんど軽いものと言われていますが、まれに質の悪いCBDを摂取すると頭痛が起きたり、他の薬と併用したときに相互作用を起こしてしまうことがあるようです。

Q  CBDに期限はあるの?

やっぱり口に入れるものだと消費期限があるのかどうかが心配…

結論を言うとCBDには期限があります。

ほとんどはパッケージに記載されており、グミなどの食べ物やオイルであると1年あたりが消費期限となります。

ほとんどの場合はその期間内に使い終わるような量に設定されている場合が多いです。

CBDに期限はあるの?

一般的にCBDの成分のみを抽出したCBDアイソレートと呼ばれるものでは2年間の消費・賞味期限と設定されていますが、加工された食品やオイルはそれよりも期間が短いものが多いです。

ほとんどの製品には期限が表示されているのでパッケージを確認してみてください。
逆に表示のないものは使用しないのが賢明です…!

Q  一緒に使用しない方が良い薬とかある?

CBDと一緒に摂取することで何らかの作用が発生(相互作用)する可能性がある薬がいくつかあります。

下記にいくつかの薬を記載していますが、もちろんこれだけだとは限りません。

今何か薬を飲んでいて、且つCBDを利用するということであれば、かかりつけ医や近くの病院などに聞いてみてください。

一緒に使用しない方が良い薬とかある?

今のところ報告されているのが、

・抗生物質
・抗てんかん剤
・抗うつ剤
・ステロイド
・抗ヒスタミン薬
・免疫抑制剤
・抗不整脈薬

これらの医薬品がCBDと相互作用があると言われています。
ただ、上記に載っていないものでも相互作用がある場合があるので、一度ご自身のかかりつけ医に聞いてみましょう。

よくあるCBDと健康にかかわる質問をご紹介しました。

ここまでである程度のCBDへの誤解や不安は解けたのではないでしょうか?

こちらの記事でもCBDへの副作用について詳しく説明しています。

【まとめ】CBDはメンタル面とフィジカル面の両方に効果的!

ここまで、CBDが健康に与える効果・効能と主な摂取方法についてご紹介してきました。

結果、CBD副作用が少なくメンタルやフィジカル面にもポジティブな効果が期待できることをお伝え出来たかと思います。

CBDの効果・効能まとめ
  • リラックス効果
  • 不安や心配
  • ストレス
  • 不眠(睡眠障害)
  • 慢性痛の解消
  • うつ病の防止

これだけ多くの効果をもたらす成分は世の中になかなかありません。

私も知れば知るほど、CBDを使いたくなってきました…!!

健康に対して意識の高い人ほど注目しているCBD

いろんな摂取方法を試しながら、普段の生活の中にもCBDを取り入れてみてくださいね。

このメディアを通じてもっとCBDに関する認識が広まると嬉しいです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる