CBDとは何か?『0から10』までわかる記事はこちら

&CBDをローンチしました

目次

CBDの正しい知識を発信し、多くの人にCBDの魅力を届けるメディア「&CBD」をローンチしました

皆様はじめまして。&CBDです。

&CBDは主にCBDの基礎知識やプロダクトの紹介を通して、『より多くの方にCBDの魅力を届ける』、そしてその普及を待ち望む多くの患者さんのために、『医療利用へのバトンを繋ぐ』ことを目的に作られたCBDの総合メディアです。

CBDとは?

CBDとは、カンナビジオール(Cannabidiol)の略で、大麻草に含まれる成分(カンナビノイド)の一種です。
近年CBDの研究が進み、幅広い身体への薬理効果が世界的に注目され始めています。

CBDが私たちの身体にあるカンナビノイド受容体に作用することで、健康増進の目的では不眠やストレス・不安の解消、肌・関節・筋肉などの炎症緩和、抗酸化作用による美容効果などをもたらすことが期待され、医療目的ではてんかんや発作への効果が認められており、医療大麻を解禁する国も近年増えてきています。

ちなみに麻からはCBD以外にも、THC、CBN、CBG、CBCなど様々なカンナビノイドが抽出され、その種類はテルペン類などの化合物も含めると500種類以上あると言われています。

&CBD(アンドCBD)
CBDの効果・効能について

日本においては、カンナビノイドのうち『麻の茎と種由来』であり『THCが0%』のCBDであれば現状は合法です。CBDの原料や製品を海外から輸入する際には、これらの条件をクリアした上で、厚生労働省などの各所の審査や手続きが必要となります。
日本では大麻取締法や麻薬及び向精神薬取締法でTHC成分を含む商品(また茎種以外から抽出されたCBD)の使用が違法であり、THCが完全に除去された商品のみが輸入・流通しているため、違法薬物を摂取するという心配はありません。

なお、日本では認定機関以外での麻の栽培が禁じられているため、全てのCBD原料は海外からの輸入になります。国産CBD製品と謳われているものは、製造を国内で行っているだけで原料は海外のものなのでその点はご認識頂きたいです。

CBD事業者がVC(ベンチャーキャピタル)から資金調達を受けるケースも出てきて、今後の市場拡大も見込まれますが、近年急激に増加しているCBD事業者の中で、良質なプロダクトを提供している会社を正しく判断しなくてはいけません。

&CBDは皆様により良いCBD製品と出会って頂くために尽力いたします。

&CBDが実現させる社会

&CBDが目指すのは、CBDが私たちの生活に日常レベルで溶け込んでいる社会です。

日本のCBD市場は勿論のこと、CBD成分そのものの研究もまだまだ発展途上です。
現在多くの事業者で取り扱われているCBD商品は、舌下投与をするCBDオイル(ティンクチャー)やベイプ(電子タバコ)などで、日本人が普段使い慣れていない製品が多いため、これがひとつプロダクト普及のハードシングスになっている印象を受けています。
しかしまだまだ日本の現状は、世界的に見るとCBD1.0の様なイメージ。アメリカの動向や国内での市場規模から見ても、今後食品関係(エディブル)や美容品関係のCBD商品が種類を増やしていき、CBD2.0→CBD3.0へと繋がっていく予測です。

睡眠前の時間に、リラックスしたい時に、体の炎症を和らげたい時に。CBDがあなたの生活の様々なシーン(〇〇&CBDといった様に)で選ばれる様な未来を創造したいと思っております。
そのためには未発達の日本市場の中で事業者がマネタイズに走りすぎることで、CBDそのものの寿命を縮めてはいけません。正確な情報発信を通して、事業者とユーザー間の情報の非対称性を出来るだけ無くすことで、長期的にCBDが愛される体質を作るべきです。

&CBDはCBDのわかりやすい情報発信や様々な商品の紹介を通して、CBDの導入ハードルを下げ、間口を広げることに努めます。

&CBDの姿勢

&CBDはあくまでも、CBDの認知拡大を主目的として運営しております。免責事項もご確認いただけますと幸いです。

&CBD運営者のコメント

皆様&CBDの記事をご覧いただきまして有難うございます。

我々がこの度リリース致しましたメディア『&CBD』は、今後のブランド販売の為のチャネルを作る事や、広告でのマネタイズだけを見ている訳ではございません。
最終的に“医療利用へのバトンを繋ぐ”ことに寄与することを目指しております。
CBDはリラックス効果や、抗炎症作用での美容効果、また不眠症の改善などの効果が見込めることでよく取り上げられますが、私たちはその先の医療利用の実現こそが、本当に目指すべき場所であると考えております。

医療用として実用化されれば、がん患者やてんかん患者など、大麻が生命にも関与しうる方達の救済に繋がる可能性が見えてきます。
決してCBDで寿命を断たせてはいけなくて、その先の医療大麻解禁の前ステップである認識を、CBD事業者には自覚して頂きたいと感じております。

昨今は国内でも多種多様な形状のプロダクト、ブランドが立ち上がっておりますが、美容業界に似たマーケティング優位な体質に成りつつあると感じます。
アフィリエイト広告の叩き合いや、『〇〇に効果がある!』といった根拠の薄いセールストークを行うブランドが、ユーザーの認知度を取るのは危険な状態です。
勿論CBDの効果実感は人それぞれですが、悪質なプロダクトが出回ると『CBDって高いだけで全然効果ないじゃん・・』といった業界全体の信用問題に成りかねません。

CBDは世界的にもホットで、『この分野で事業収益を上げたい!』と感じる事業者が出るのは至極当然のことであります。
しかし質の悪いプロダクトや宣伝が、市場をシュリンクさせるだけではなく、その先の医療大麻解禁の大きなハードシングスに成りかねないのです。
私たちはCBD業界の今後の動向は、『命』にも関わる問題だと考えております。

だからこそ、この『&CBD』を通して、

  • 『まずはCBDというモノの魅力に興味を持ってもらうこと』
  • 『CBDの正しい知識を理解してもらうこと』
  • 『そして本当に効果があったり、ユーザー思いな素晴らしい商品が社会に受け入れられるようにすること』

をメディアの方向性・目標として、軸をブラさずに運営を行ってまります。

至らぬところもあるかと思いますが、『&CBD』が日本の、CBD業界、大麻業界に一石を投じられるよう努めてまいります。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

&CBD運営担当

&CBDが今後行っていくこと

&CBDでは今後の様なコンテンツを発信していき、CBDに興味を持つ全ての方にその正しい知識を提供していきます。

&CBDの今後の展開
  1. CBDに関する基礎知識の発信
  2. 国内外のCBD商品の紹介
  3. 業界最新情報の発信
  4. 事業者や関係者へのインタビュー
  5. CBD製品の販売

今後はInstagramやYoutubeなど他メディアの運営も行い、より多くのタッチポイントを皆様にお届けいたします。
また中長期的には事業者分析やニーズ分析を通して、より良い自社プロダクトの開発も視野に入れております。

最後までお読み頂きまして、有難うございました。今後とも&CBDを宜しくお願い致します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる